CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
lucismiseris
 ようこそlucis miserisへ
 まだなにもコンテンツがありませんので、サイト名の説明をしたいと思います。
 当サイト名は、P・クロソウスキーの『かくも不吉な欲望』の扉に銘として引かれている、ヴェルギリウス『アエネーイス』の詩句からとられています。
 詩の全文は扉にあげましたように、次のようになっています。
 Quae lucis miseris tam dira cupido?
 「光に対する みじめな者どもの かくも不吉な欲望は何なのか」
 この詩がおかれた『アエネーイス』は、トロイア(ローマ)の建国を使命とするアエネーアースを主人公とした物語です。トロイア陥落後、放浪に出たアエネーアースはその途上で地下の冥界を訪れます。そこで、アエネーアースはレーテー河(忘却の河)のほとりを飛び回る霊たちに出くわします。アエネーアースは、父親のアンキーセースの霊に、あの霊たちはいったい何をしているのか?と尋ねます。するとアンキーセースは、地上に生まれ変わるために前世の忘却の液をレーテー河から飲んでいるところだ、と答えます。それをきいてアエネーアースは、再び地上に戻って、おぞましい肉体を身にまとうことを何故願うのか、地上の「光に対する、みじめな者どもの、かくも不吉な欲望は何なのか」と訊きかえすのです。
 つまり、「lucis」は「受肉した生命」を指し、「miseris」は霊魂を指しています。
 といっても、当サイトはオカルトサイトではありませんのでご安心ください(期待した方は申し訳ありません)。ただ、この物語と詩が気に入っているので、使わせていただきました。
 今後少しづつ、読んだ本のレビューや雑感雑記を中心にして、内容を増やしてゆきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。